2019/12/2 – デニーズ再び

夜、21時ころだろうか、キチサンが「来たよ」と大きな声をあげていた。
ここのところ時折夜間に出没するロボトミー処置の専門家のようだ。
専門家といっても医学的な知識もあるかどうか、単なるオペレータだろう。
どのような手順でどこを攻撃するのがよいか、要するに犯罪の実行者だ。
22時過ぎにベッドに入ったが、風邪のたんが絡んでせき込んでしまう。
妻は病人なので、睡眠の邪魔にならないよう、起きて温かいものを飲んで、体を冷やさないようにする。
ロボトミーの攻撃が確実なので、寝る気にならない。
なんだかんだ起きていて、車で永山の駐車場に行き、仮眠をとった。
4時ころだろうか、デニーズへ車で移動し、温かい食べ物と飲み物をとる。
席にかけたままうつらうつらすると、キチサンと女性の声がする。
電波でここまで追いかけてくるのだ。
頭のおかしいキチバアの、片時も目を離すなという指示を忠実に実行しているのだろう。

このように逃げ回るのは久しぶりだが、ロボトミーの被害を考えると、帰って寝る気にもなれない。
3月ころだったか、やはり翌日の勤務のためにデニーズで少しでも睡眠をとろうとし、ワインを口にした。
普段飲まないので、トイレに行こうと立ち上がった時、気を失い倒れたようだ。
救急車が来て、病院で前額部のあたりを10針以上縫うけがをした。
私は気がついてからは元気で、早朝包帯を巻いて、帰宅した。

普段飲まないといっても少しのワインで気を失うのは解せないが、連日の睡眠不足がたたったようだ。
その後、吉田宅に来ていた監視役が私の倒れた様子を語っていたことがある。
今では、デニーズに追ってきていたと思われる吉田の手下が、何か強い電波を当てたのではないかと思うこともあるが、真相は不明だ。

家を出ているのもいいが、寝ている妻や娘が心配にもなる。
安眠できるのはいつのことだろう。

とにかく今朝は睡眠不足のまま、朝の支度をし、電通大に出勤した。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。