2020/1/1(水) – おめでたい日にも

2:30ころ、頭を動かすと、誰かがぶつぶつ言いながら光を動かすので、起きてトイレに行く。
会話が聞こえてくる。
「何をしたの?」と女性の声。
「(私の)鼓膜を切り取った」とキチサンが答える。
私も驚いて耳をチェックするが、異常なさそう。
「他に何をやったの?」と女性の声。
「(私の)眼の中に模様を描いてやった」
どちらもキチバアの指示というか了解済みという。
「そんなことここでできるわけないでしょ」と女性の声。
結局キチサンが「おれに鼓膜が切れるわけない」で、すべて嘘だったことがばれた。

要するに大晦日の夜に私を眠らせない、たちの悪い嫌がらせだったということ。
キチバアとキチサンの共作だろう。

9時過ぎに家族4人でおせちを食べていた時、食卓の頭上にいやな気配がした。
私も正月なのでヘルメットをせずにいたが、頭部に異状を感じ上を見上げるとあわてた様子。
一瞬気分が悪くなったが、ヘルメットをしないと、チャンスとばかり悪さをするのはいつものこと。
キチ家は正月も関係ないということか。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。