2020/1/7(火)

0:45ころ、胸騒ぎがして不整脈が出たような気分になり、目覚める。
前日もあったが、動悸を上げさせてから、電波でショックを与えて心臓マヒを起こすという殺害方法らしい。

キチサンが「やり始めたらすぐ起きた、殺さなければ」という。
「殺しても奥さんが警察に連絡する」
「それなら奥さんも殺してしまえ」

すぐに血圧計で測定するが、加圧値130の設定なので、オーバーしエラーとなる。
加圧値の設定を上げ、エラーが出なくなったが上が140を超えていた。
起きてすぐなら、もっと上がっていたのだろう。
1時間たつと、平常値の近くまで戻った。
私の平常値は上が120前後だ。

この夜は朝まで眠らなかった。(というより眠れなかった)
キチ家側からのいくつかの会話が耳に入った。

この夜のキチサンは本当の息子のようで、狂ったような発言が目立った。
「警察に行くんじゃないか、顔見知りの警官のいる交番へ」(愛宕交番のこと)
「殺さなきゃ、その前に殺さなきゃ」

「思考盗聴がおかしい、また〇〇の耳から頭に穴をあけなければ」(〇〇は私)
「そんなもの、早く止めなければ大変なことになる」

「全部聞かれているじゃないか、殺さなければ」
「全部メモとっているよ、あいつ」

これはキチバアか
「ねえこうしたらどう」
「〇〇さんを一家全員殺しちゃえばいい、あとくされのないように」(〇〇は私)

「あいつ、もう少しで寝そうだから、寝たらぶっ殺してやるよ」
「奥さんは知ってるよ」
「奥さんも殺してやる」

「3人とも殺しちゃえば、あのメモを破棄できるかもしれない、警察より先に入れば」

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。