2020/1/24(金)

妄想を意図的に引き起こし、被害者を狂人扱いにさせる。
加害者のやりたいのはこんなところだろうか。
それを気づかれたと思ったのか、機械による直接的な嫌がらせが目立ってきた。

21時~22時ころ、早めに妻を寝かせ、テレビを見ていると、電磁波によると思われる被害に会った。
私がひとりでいると、早く寝かせたがる傾向がある。
奴らのスケジュールを早めに終わらせたいようだ。

いわゆる高周波(マイクロ波)の類かもしれない。
耳鳴りがし、一瞬、意識を失うようになる。
さらには、頭が熱くなり、やや錯乱に近い状態になることもある。
電磁波が消える(計測したわけではないが)と、すぐに元に戻る。
明らかに通常の眠気とは異なる。

妻によると、朝4時半ころ、青い光が妻を越えて私のほうに行ったという。
その影響だろうか、私も5時に目覚めた。

朝、調布のドトールでコーヒーを飲んでいると、頭の中で反射するような声にエコーがかかっていた。
永山の西友で買い物している時も、空調の騒音のせいか、やたらエコーがかった声が頭の中でする。
このような声はスポンジ状の耳栓をしていても聞こえるので、実際の声ではなく、頭の中だけの声のような気がする。

勤務先の大学で、昨年6月以来、仕事を妨害する目的だろう、同じ奴らによる嫌がらせが続いている。
これも妄想の一種かもしれないと思い始めているが、彼らの声から判断する限り、何を目的にしているのかわからない。
最初はパスワードや機密情報が知られてしまうと思い込み、仕事に手がつかなかったこともある。
しかし、奴らのやっていることが、まるでコピュータの素人のようで、最近は演技で「妨害するふり」をしているだけではないかと思えてきた。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。