2/7(金) - 仮説

昨夜2:30ころ、何かやられている気配に、頭を動かすと、キチサンらしい声でぶつぶつ言っていた。
また寝ると、アルミが焼けるような臭いで目が覚めた。
起きて、調べていると、「ヘルメットを貫いて左眼を熱線でつぶそうとした」の声がした。
眼には異状がないので、少しTVを見てから寝た。
6時ころ、猛烈な耳鳴りで、目が覚めると、キチサンの声で「後頭部に穴をあけた」とのこと。
この強い耳鳴りは何か照射された時に起きるので、何かされたのは間違いない。
結局、特に異状は見られなかった。

ここから以下のことが分かる。
・ビデオにも映るので、何か電磁波(光線)のようなものがキチ家から照射されているのは間違いない。
・ここで聞こえてくる声は、わざと聞かせてくるので、内容は嘘だろう。
・この声の内容は私の不安を反映しているようなので、電磁波に触発された私の妄想の類かもしれない。
・隣のキチ家からの声と考えると、近距離ならありうるかもしれない。

何があったかと考えると、以下の可能性が高い。
・電磁波のようなもので、私を刺激し、妄想を起こしやすくする。
・不安をあおるような声と内容で、妄想を誘導する。
・実際の被害はない場合が多いだろうが、その場合は脅しということになる。
・単に安眠を妨害して、私を不安定にし、妄想を引き起こしやすくするのが狙いかもしれない。

上記の前提として、声が届くのは近距離のみ、思考盗聴はありえないとする。
前提が違っていた場合は、妄想の部分が減ることになる。

朝、実際のキチサンが仕事に行くようなそぶりで歩いて行くのを見かけた。
キチ家の場合は「ふりをする」場合が多いので、見せかけているだけかもしれない。
夜中のVC声はまだ聞こえるので、実際のキチサンとは違うようだ。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。