2/21(金) – 高周波の恐怖

TM-190なる測定器を購入した。
磁場、電界、高周波が同時に表示できる2万円以下の機器である。
家の中で測定してみた。
電子レンジのそばで測ると、高周波が振り切れた。
それと同じことが、居間のソファに私が座っている時に、ちょうど私の頭の位置で起きていた。
つまり、私の頭を狙って、高周波(マイクロ波)が、投射されているということだろう。
私の不在の時に妻が同じ位置で測っても、そのような現象は起きないらしい。

方向としては隣のキチ家からのようだ。
マイクロ波というのは、電子レンジ(英語でMicroWave)で使われている。
人間に当てた場合、それなりの危険性があるようだ。
マイクロ波レーダーなるものもあり、キチ家が使っていると、私が推測しているものだ。

そんなものを四六時中、人間の頭に投射するとは、どういうことだろう。
ある意味、私の頭を混迷、破壊することを狙っているといってもいい。

測定するのを知ったのだろう、その後2日ほど、高周波が極端に減った。
どうやらまずいと思って高周波を投射するのを控えたようだ。
その代わりと言っては何だが、主に顔面に熱をもった光線(?)を当ててくることが目立つようになった。
これも目をやられたらどうなるのだろう。
彼らの脅し文句に「殺す」「眼をつぶす」「脳をグチャグチャにする」というのがあったのを思い出す。

それにしてもほぼ1年間、私は頭部に高周波(マイクロ波)を浴びたことになる。
通常、8.19μW/m2とか2.05とかいう値が、3000とか5000になるのだ。
とんでもない、犯罪的な値だ。

夜起きていると、突然ガクンと首が落ちることがある。
眠気とは違う激しさで、以前からマイクロ波の使用を疑っていた。
私が寝ないと、キチ家の奴らの仕事が遅くなるという理由のようだ。
仕事というのは、眠る私に各種の電磁波、レーザーを当てて、犯罪的な行為をするためらしい。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。