「〇〇〇〇に刃物」状態はエスカレートする

先週より脚立の上に高周波測定器とビデオカメラを置き、高周波の動きをビデオ録画し始めた。
すると、そこを避けて、高周波を送ってくることがわかったので、周辺も油断なく手作業でチェックするようにした。
夜間も寝室に測定器を置いていた。
すると、昼間にキチ家から何か動かすような音と、叩くような音が10分ほど続いたと、妻が報告した。
その夜、ベッドの上、私と妻の頭部あたりに高周波をキャッチした。
そこで、2日前に、ベッドを90度動かし、さらに、脚立ごと測定器をとビデオを寝室に入れて、記録することにした。
すると、翌日の昼も同様な音が聞こえたと、妻が報告した。
そして昨夜は、ベッドをさらに少し左右にずらした。
それでも明け方だろうか、急激な耳鳴りと異様な感じで目を覚まし、測定器を手に取り、妻や私の頭部の周辺を測定した。
少し時間がかかったので、すでに大きな値は拾えなかったが、通常より高めの値があった。

測定する前は、高周波に曝されっぱなしだったようで、キチ家も以前のようには好き勝手に攻撃できなくなったようだ。
キチ家が狙っているのは、私どもの精神状態を不安定にすることだろう。
強いマイクロ波を長期間浴び続けていると、どんなになるかは多分、私の経験が物語っているのかもしれない。
簡単に言うと、対象を精神異常と周囲に思わせ、社会から葬り去ろうとしているのかもしれない。
わたしも妄想のようなものを経験したが、それに気付き、また高周波の攻撃を避けて、平静を取り戻しつつある。

光や音、電波による安眠妨害も、高周波の攻撃効果を高めているのだろう。

私の家の中が盗聴、監視されているのは1年以上前からだが、最近火災保険の5年間の契約を更新した。
確定申告の中身と同様、これもすぐに知られたようだ。
1年以上続く嫌がらせの目的は、私どもを追い出すためと思われるので、この火災保険での更新で、わたしどもがすぐに引っ越す気はないことが彼らに焦りを呼んだようだ。

当初は私がターゲットだったが、最近は難病で自宅療養中の妻もターゲットにされている。
私は、隣のキチ家を精神異常の疑いがある人たちだと思っている。
まともな人間が、こんなキチガイ沙汰を隣の家に続けるだろうか。

カテゴリー: 犯罪被害   パーマリンク

コメントは受け付けていません。