猪瀬直樹氏を都知事にしない

東京都知事選が告示され、選挙運動が始まった。

元副知事の猪瀬直樹氏が有力候補のようだ。
自民党、公明党、維新の会が推しているらしい。

わたしが都知事になってもらいたいのは、世田谷区長の保坂展人氏だ。
以前、社民党の時代に、街頭演説の帰りだろうか、仲間と駅前のコーヒー店で休憩しているのを見かけたことがある。
その普段着の雰囲気に好感を持った。
今回は無理でも、次には立候補して欲しい人だ。

石原慎太郎元都知事が職を放り出す時に、猪瀬直樹副知事を指名したのを思い出す。
都政ばかりか国政まで荒らしまわって、辞める時に後継を指名するなど、何様と思っているのだろう。
当たり前の話だが、都知事は東京都民が投票で決めるのだ。

石原慎太郎氏の指名した猪瀬直樹氏には都知事になって欲しくない。
東も西も維新の会に牛耳られるなど、冗談ではない。
橋本徹氏は、「嫌なら東京から出て行け」と言うかもしれない。
東京都民は、せめて良識の意思表示をしよう。