月別アーカイブ: 2013年4月

メディアの退廃‐読売グループと国民栄誉賞

今朝の読売新聞を見て驚いた。
第1面にでかでかと安倍首相の写真とともに憲法改正の記事が載っている。
その下には、ご丁寧に安倍内閣の支持率が74%の記事も添えている。

記事は、読売の首相官邸での独占インタビューによるものらしい。
平和憲法廃止の露払いだろう、まずは96条の改正を目論むという。
そして世論をそこに導いていくのが、読売新聞の役割のようだ

先の総選挙から今に至るまで、読売新聞の自民党寄りは露骨である。
民主党政権時代は政権の悪口ばかり、自民党政権に戻れば提灯持ちの記事ばかり。
自民党政権の御用メディアと化した読売グループは、まともなジャーナリズムと呼べるのだろうか。

長嶋茂雄氏と松井秀喜氏への国民栄誉賞授与の発表があった時、首を傾げた人も多いのではないか。
これは、読売グループへの論功行賞と考えればわかりやすい。
自民党政権に協力してくれたことへのお礼である。
自民党と読売グループは、国民栄誉賞さえも私物化したようだ。