都知事の闇

そもそも猪瀬都知事に徳田氏とのつながりを作ったのはだれだろう。
ジャーナリスト出身の猪瀬氏に、政治的なコネがあるとも思えない。
副知事時代に上司であり、後継に猪瀬氏を指名した前都知事の計らいとすれば、話の筋が通る。

猪瀬都知事の様子を見ていると、追及されながらも安堵感すらうかがえる。
今日もばれなくてすんだという安堵感だ。
自分は退陣しても、ばれなければ迷惑をかけないという安堵感に見える。

石原都知事の時代にも徳田一族と何かあったとしても不思議ではないだろう。

東国原氏が日本維新の会を抜けて、議員を辞職した。
前の都知事選で出馬したのは、反石原票を分散させ、石原氏に勝たせるためだったとも考えられる。
そして日本維新の会からの立候補。
石原慎太郎氏とのつながりが十分にうかがえる。

猪瀬都知事が危なくなったので、石原前都知事の影響力を守るために、東国原氏を準備させていると考えることもできよう。
安倍政権に同調する日本維新の会に反対するかのような脱退理由で、反自民での支持も広げる魂胆か。
議員を潔く辞めたのも都民受けをねらってのことだし、日本維新の会も傷つかない。
すべて石原代表の了解というか指示通りと考えても不思議ではない。

前都知事の石原代表にしてみれば、反石原的な都知事が誕生すると、隠しておきたいものが暴かれてしまうのではないか。
東国原氏を都知事にすれば、自分の影響力を温存することができ、安心なのだろう。

以上は推測にすぎない。
東国原氏が都知事に立候補しなければ、単なる邪推に終わるのだが。