安倍首相が韓国の高校生を見殺しにした

現在救出作業中の韓国の海難事故で、現場に近い日本が救出を手伝えなかったことは痛恨の極みであろう。

日本が申し出たのに韓国が受け入れなかったようだ。
菅官房長官にいたっては、日本は救助を申し出たと、アリバイ作りのようなテレビ会見をする始末だ。

タイミングや状況もあったのだろうが、日本の申し出を韓国が受けなかった原因が日韓関係ならば、悔やみきれない。
大体、普段から良好な関係を築く努力をしないで、「手伝おうと言ったのに拒否された」などと相手の責任にするのは、何という思い上りだろう。
そもそもこんなに日韓関係をこじらせたのはだれだろう。
安倍首相が、誤った歴史認識に意固地になり、中国や韓国を憤らせたのがそもそもの発端ではないか。
その後もつっぱり続けて、改善のきざしさえ見えない。

日本が救助を手伝えば、人命を救出できたなどと、韓国を非難する意見まででる始末だ。
もしそうならば、韓国に日本の救助を受け入れてくれるような日韓関係を作れなかった安倍政権の責任だ、というのはあながち飛躍でもないかもしれない。
「風が吹けば桶屋がもうかる」の類かもしれないが、日韓関係を壊した安倍首相が韓国の高校生を見殺しにしたのである。