2020/1/7(火)

0:45ころ、胸騒ぎがして不整脈が出たような気分になり、目覚める。
前日もあったが、動悸を上げさせてから、電波でショックを与えて心臓マヒを起こすという殺害方法らしい。

キチサンが「やり始めたらすぐ起きた、殺さなければ」という。
「殺しても奥さんが警察に連絡する」
「それなら奥さんも殺してしまえ」

すぐに血圧計で測定するが、加圧値130の設定なので、オーバーしエラーとなる。
加圧値の設定を上げ、エラーが出なくなったが上が140を超えていた。
起きてすぐなら、もっと上がっていたのだろう。
1時間たつと、平常値の近くまで戻った。
私の平常値は上が120前後だ。

この夜は朝まで眠らなかった。(というより眠れなかった)
キチ家側からのいくつかの会話が耳に入った。

この夜のキチサンは本当の息子のようで、狂ったような発言が目立った。
「警察に行くんじゃないか、顔見知りの警官のいる交番へ」(愛宕交番のこと)
「殺さなきゃ、その前に殺さなきゃ」

「思考盗聴がおかしい、また〇〇の耳から頭に穴をあけなければ」(〇〇は私)
「そんなもの、早く止めなければ大変なことになる」

「全部聞かれているじゃないか、殺さなければ」
「全部メモとっているよ、あいつ」

これはキチバアか
「ねえこうしたらどう」
「〇〇さんを一家全員殺しちゃえばいい、あとくされのないように」(〇〇は私)

「あいつ、もう少しで寝そうだから、寝たらぶっ殺してやるよ」
「奥さんは知ってるよ」
「奥さんも殺してやる」

「3人とも殺しちゃえば、あのメモを破棄できるかもしれない、警察より先に入れば」

カテゴリー: 犯罪被害 | コメントは受け付けていません。

2020/1/3(金)

2:30ころ、目覚めると、「私の後頭部に穴をあけた」というキチサンの声。
特に異状はないので、安眠を妨害するための茶番劇とわかる。

15時過ぎ、ソファに座っていると、何かが頭を通過したような感じがあったが、その後は異状なし。

「ここまで知られたら殺す」という会話が聞こえたが、殺し屋とも思えず、話し方に聞き覚えがあり、またも茶番劇としか思えない。
おあとがよろしいようで。

カテゴリー: 犯罪被害 | コメントは受け付けていません。

2020/1/2(木) – 飽きもせず嫌がらせ

1:30ころ起こされる。
「頭全体に消えない模様を目印に描いた」と聞こえたが、すぐ嘘だとわかった。
6:00ころ、また起こされ何かをしたと言っていたようだが、無視して起きる。
どちらも私を寝させない悪質な嫌がらせである。

散歩から帰ると、7時で、まだ家族は寝ていた。

カテゴリー: 犯罪被害 | コメントは受け付けていません。

2020/1/1(水) – おめでたい日にも

2:30ころ、頭を動かすと、誰かがぶつぶつ言いながら光を動かすので、起きてトイレに行く。
会話が聞こえてくる。
「何をしたの?」と女性の声。
「(私の)鼓膜を切り取った」とキチサンが答える。
私も驚いて耳をチェックするが、異常なさそう。
「他に何をやったの?」と女性の声。
「(私の)眼の中に模様を描いてやった」
どちらもキチバアの指示というか了解済みという。
「そんなことここでできるわけないでしょ」と女性の声。
結局キチサンが「おれに鼓膜が切れるわけない」で、すべて嘘だったことがばれた。

要するに大晦日の夜に私を眠らせない、たちの悪い嫌がらせだったということ。
キチバアとキチサンの共作だろう。

9時過ぎに家族4人でおせちを食べていた時、食卓の頭上にいやな気配がした。
私も正月なのでヘルメットをせずにいたが、頭部に異状を感じ上を見上げるとあわてた様子。
一瞬気分が悪くなったが、ヘルメットをしないと、チャンスとばかり悪さをするのはいつものこと。
キチ家は正月も関係ないということか。

カテゴリー: 犯罪被害 | コメントは受け付けていません。

2019/12/27(金) – 茶番劇と殺人未遂

22時前に寝たが、0時前に目覚める。
左目付近に青白い光が差し込まれていたような気がした。
起き上がりトイレへ向かうと、女性の声で「〇〇が刺さったままよ」。
何かやっているという気がしたが、眠くて仕方ないので、再び寝た。

2時過ぎ目覚めると、何か処置し終えたような会話が聞こえた。
しかし、起きても異状は感じなかった。
時折聞こえる会話に「ロボトミーやったのか」「ええ、ロボトミーをやったわ」
この会話もそうだが、キチサンがロボトミーという言葉を使ったので、それに合わせて答えている不自然さがあった。
どうも茶番劇臭くなったので、そうかもしれないと考えると、私の考えを読んで、誰かが「ばれたよ」というのが聞こえた。
しかし、本当に茶番劇だけなのか、何か処置をしたのではないかという不安は残った。

いつもの通り、寝る気になれず、そのまま朝まで起きていた。

朝の通勤電車の中で、「延髄を狙おうか」という女性の声が聞こえた。
延髄に衝撃を与えて、心臓マヒを起こすというのは、最近のキチ家の私を殺害する手段である。
吊革につかまっている時、衝撃というほどではないが、少しかくっと体が沈みそうになった。
「やったけど効かないみたい」という声が聞こえた。
他に身体に異状はなかったが、殺人未遂というやつではないだろうか。
もし死んだら通勤途中の心臓マヒということになるのだろうか。

カテゴリー: 犯罪被害 | コメントは受け付けていません。