moderato cantabile in Bogota

ボゴタでは、鈍い頭痛がした。
標高2600mの土地である。
それを心得て、ゆっくりと動くようにした。

モデラート・カンタービレ、ゆっくりと・歌うように。
音楽用語だが、昔読んだ小説の題名である。
歌うようにとまではいかないが、ゆっくりと街を歩いた。

museumに入った。(博物館に近い)
やっているのかいないのか、他に客はなかった。
女性の係員が案内してくれた。
私が部屋に入る時に電灯をつけ、出る時に消していた。
文化的な都市たるものmuseumがないとおかしい。
そんな配慮から、とりあえず作ったような印象を受けた。

街の通りでは、女性がポットを乗せた台車を引きながら、お茶を売っていた。
マテ茶だろうか、安いが、飲んでみると控えめな甘さで、とてもおいしかった。

大聖堂前の広場で、座ってぼんやり周りを眺めていた。
顔に傷跡のある少女と、ちんぴら達がなにやら話していた。

茶店で休んでいると、若い兵士たちが入ってきた。
休憩しているらしい。
このあたりでは、銃を見るのが珍しくない。
大きなビルに入ると、背広姿の警備員が銃を構えて警戒していた。

夕方小さな食堂に入ると、他に客はいなかった。
どう注文しようかと思っていると、おかみさんが声をかけてくれた。
「カルネ(肉料理)?」
カルネというと、調理の女性に指示していた。
肉野菜炒めのようで、とてもおいしかった。

教会の裏に公園があった。
たそがれ時で、夕焼けが公園の空気をまぶしく照らしていた。
子供たちはサッカーに興じていたが、そのうち散っていった。
夕食に家に帰るのだろう。
わたしはベンチに掛け、物思いにふけっていた。
明日はこの地を離れなければならない。

大聖堂前の広場の写真

大聖堂前の広場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>