robbers in Europe

ローマでコロセウムを見に、ホテルから歩いて行った。

突然目の前に老婆が現れた。
たたんだ毛布かカーペットのようなものを持っている。
すると、それをわたしの胸に突き付けてきた
物売りだと思い、それを避けようとする。
そうはさせじと、まるでキスをするように口をわたしの顔に突き出してきた。
わたしは身をのけぞらせざるを得ない。
その時、持っていた小さなバッグが一瞬軽くなったので、あわてて引き戻した。
突き出した毛布の下で、バッグをまさぐっていたのだ。
中のカメラを取ろうとした瞬間、バッグが軽くなったので、気が付いた。

カメラは無事だったが、どうしたものかと考えた。
老婆は小さな子供を連れていて、自分は観念したのか立ちつくし、子供たちに離れるように合図していた。
不潔そうな黒っぽい布をまとった老婆の濁った目を見ているうち、こちらの戦意も薄れてしまった。
近くに警官もいないし、面倒になったので、手を振って追い払った。

後で気が付いたのだが、ペンケースがなくなっていた。
多分盗った物は、小さな子供に渡していたのだろう。
だから子供を追い払ったのだ。
ペンケースはもらいものだし、中の筆記具も安物なので、諦めることにした。

ベルギーで、ある寺院を見に行った。

見学した後、外に出てきて、しばらくたたずんでいた。
すると、周辺で遊んでいたらしい少女が近付いてきた。
突然、新聞紙のようなものを胸に突きつけてきた。
わたしは前の経験から、体をそらしながら手のバッグに注意していた。
触ってくる気配がしたので、体を離し、バッグを手元に引き戻した。

「お前たちのやり口はわかっているんだぞ」というように、少女を見つめた。
すると、少女の表情に、年齢には似つかわしくない憎々しげな表情が浮かんだ。
少女は連れの妹らしい少女のそばに戻って行った。
状況を察した妹は、私に向かってアカンベをするような仕草をした。
姉は10才前後、妹は2,3才下であろう。
戯れに泥棒の真似をしたというよりは、常習者に思えた。

わたしは、他に被害者がでないようそこを離れず、彼女たちを監視していた。
やがて、彼女たちは日が悪いと諦めたようで、その場を離れて行った。

手をつないで帰っていく姉妹の姿は、どこにでもいる少女たちであった。

ローマのコロセウムに続く道の写真

ローマのコロセウムに続く道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>